Minervaのガラスへの想い

“感動”とは感じて動くこと

私とステンドグラスの出会いは偶然目にしたティッシュケースでした。

 

こんなに生活に身近なものが作れるのか~‼と

感じて動いた日から今日に至っています。

ステンドグラスのある暮らし

お料理の合間に、仕事の合間に、ボォーとしてるときに

ふと、ふと。ふと、魅入ってしまう。

同じ空間でも時間帯によって変わる様々な表情に。
ふと「綺麗だなぁ」と思う。

 

私がはじめて目にしたステンドグラスのティッシュケース

木やプラスチックや紙では味わえない色の美しさ、ガラスの持つ透明感の魅力をみなさんにも味わって欲しいと思います。

教室に体験や見学来られた方に


「不器用ですが大丈夫でしょうか~?」と聞かれる事があります。

「ワタクシもとっても不器用なんです」とお答えしますが、

「そんな事ないでしょう~」と信じてもらえません(笑)

物作りには根気が必要です

いま、私の手の動きをみて魔法のよう。と言われますが

元々は不器用で、ステンドグラスを始めた頃は

何度も何度も同じ事を繰り返していました。

 

自分自身が不器用で出来ない事が多かったため

生徒さんが上手く出来ない所などに寄り添う事が出来るのでは!?と思っております。

 


こんな物が家にあったら、楽しいな♪嬉しいな♪

そんな想像をしながら制作するのは、とても楽しいものです。

ステンドグラスに出会って約18年

今では、キルンワーク(ガラスフュージング、練り子ガラス)と制作の内容も広がっています。
生活の中に気軽に取り入れて頂ける作品作りをしていきたいと思っています。

_DSC0136.jpg

Minerva工房概要

ガラス工房Minerva

 

 

■事業内容

ステンドグラス・キルンワーク(ガラスフュージング・パートドヴェール)のガラス工芸教室を中心に制作・材料販売

 

■設立年月日

2007.6.18

■業種

ガラス工芸

・ステンドグラス教室・キルンワーク教室

・材料販売

・作品販売

 

■所在地

〒710-0051

岡山県倉敷市幸町7-7-3

■問い合わせ先

TEL

086-434-8696

090-7134-6252

メール

minerva.salon0108@gmail.com